2022年も応援ありがとうございました&新年あけましておめでとうございます!

2022年も2021年に引き続き、コロナ禍の影響も…
2023年1月16日/作成者: Y.Fujiwara

2022 Philippine Endurance Challenge 8hours Rd.3 DNF!

2022/11/26 ~ 27 フィリピンの Clark International Speedway…
2023年1月14日/作成者: Y.Fujiwara

2022 Philippine Endurance Challenge 8hours Rd.3 へ参戦します!

来週末(11/26 ~ 27)、フィリピンの Clark International…
2022年11月19日/作成者: Y.Fujiwara

ENEOS スーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook 第2戦 NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース クラス5位

ENEOS スーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook…
2022年6月23日/作成者: Y.Fujiwara

ENEOS スーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook 第2戦 NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース 参戦決定!

正式に公開されました。ありがたく、今年も…
2022年5月28日/作成者: Y.Fujiwara

Youtube を更新しました。「こんなん見える訳無い?!深夜・雷雨の2020年24時間耐久レース 決勝」

https://youtu.be/5s7k1eIEc0U
2022年4月5日/作成者: Y.Fujiwara

2022年 体制発表! 今年もスーパー耐久 ST-Zクラス RED SEED Audi R8 LMS GT4 で参戦致します。

参戦発表です!



Audi Japan Press Center にて情報が公開されましたので、ご報告です。今年も…
2022年3月15日/作成者: Y.Fujiwara

2021年も応援ありがとうございました&新年あけましておめでとうございます!

2021年はコロナ禍の影響も受けて、余り活動…
2022年1月1日/作成者: Y.Fujiwara

スーパー耐久シリーズ 2021 Powered by Hankook 第3戦 NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース 8位完走!

Super Taikyu Series 2021 Powered by Hankook Rd.3 24h FujiFinal=8th



初の新品ハンコックタイヤ、そのタイヤ初のドライ走行、GT4では初のダブルスティント3回。本当に初めて尽くしで良い経験をさせて頂きました。もてぎで全く走れなかった分、たっぷりと堪能しました。今回こそ表彰台争いをしたい!と意気込んでの参戦でした。しかし、練習走行は2枠目より大雨、その流れのまま予選は大雨によりキャンセルとなりました。







流れが良くないな…という感じのまま、24時間レースがスタートしたものの嫌な予感は的中しました。まさかのピット給油設備のトラブルにより、ガソリンが給油できないという事態に。この時点で表彰台争いから脱落し、最終目標は完走という形になりました。メカニックの懸命な作業により何とかゆっくりながらも給油できるようになりましたが、時既に遅し。最終的には1台がトラブルにより沈んだ為、8位完走という結果に終わりました。給油できないというトラブルでうまく行かなかった事が敗因ではありますが、今回うまく行かなかった理由は根本的に自分自身に原因があると思っています。あれだけの時間(192周!)が与えられたにも関わらず、チームに対して結果が出せなかった事は言い訳できません。







正直、自分が居たら勝てる勝負も勝てなくなると思います。その位、レベルの低い事しかできませんでした。車には問題は無かったですし、ウェット路面ではそこそこ乗れていたのに、ドライでは自分が全くアジャストできなかった事も一因です。後半は、同クラスや他の首位争いの邪魔にならないように、ひたすら避けて走っていました。







本当にチームやメカ、ドライバー達に申し訳なく思います。今後も含めて色々と考えます。応援してくださったファンの皆様、関係者一同お疲れ様でした![AMUSE]…
2021年5月29日/作成者: Y.Fujiwara

スーパー耐久シリーズ 2021 Powered by Hankook 第3戦 NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース 参戦決定!

正式に公開されました。スーパー耐久シリーズ…
2021年5月17日/作成者: Y.Fujiwara

スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook 開幕戦もてぎ 9位完走

スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook 開幕戦が始まりました。まず結果から言ってしまうと、ツインリンクもてぎ戦は不本意の9位完走となりました。







今年から2020年のスーパー耐久シリーズチャンピオンでありGT300でも活躍したショウン・トン選手の加入により、とても強固になりました。同時に昨年悩まされたBoPもチーム関係者の努力により、漸く解消されつつありました。その徴候は練習走行の時点ではっきり確認できました。昨年は、ただ真っ直ぐハンドルを持ってアクセルを踏んでいるのにも関わらず、クラス違いの加速で負けていたのです。昨年の周囲のチームの加速感は見る影も無く、こちらはジリジリと離れていくけれどもコーナリングやブレーキで十分詰められる程度の差にまで落ち着いていました。スープラGT4が多数台参戦したり、ジネッタGT4が復活したりと今季のGT4はとても華やかです。他チームのドライバーも「ここはGT500ですか?GT300ですか?」というようなツワモノばかりです。本当の意味で実力が試されるようになったと思います。







自分はコロナウイルスの影響もあり、先日富士で行われた練習走行にも参加していませんでした。今年仕様の車に乗るのは初めてです。S耐仕様のハンコックタイヤも勿論初めてなので、いつものように少しずつ車を理解していく事から始めました。ショウン・トン選手の車載やロガーを比較したり、オンボード映像の解析から自身の下手な部分を修正していく作業はとても楽しく、やりがいのある挑戦でした。このプロフィールにも書いてありますが、私は決して特別な存在でも無ければ稀有なトライバーでもありません。皆さんと同じ様に足掻きながら、葛藤しながら上達していければ良いと思っています。2015年の心筋梗塞で、一度は黄泉の国を覗いたんですから今はもうロスタイムと割り切って楽しむ事にしています。







予選は、久しぶりにアタックを許されました。基本的にCドラ・Dドラは基準タイムを超えれば良いので、車の消耗を抑える為にもアタックはしません。ただ、今回は決勝が確実に雨であるという理由でタイヤを温存する必要もありませんでした。雨は雨専用のタイヤがあるのです。今回はまだ生きている中古タイヤをつけてアタックしました。当日は比較的涼しかったので、2周じっくりと走ってタイヤを温めてから満を持してアタック。まず4秒台に1回入れ、次の周は最終コーナーから1コーナー・2コーナーと最速で来たのですが…







3,4コーナーでST-5クラスの車両と重なってしまい、上のようなグラフ(矢印は車速のグラフ)となりました…。混走の難しい所ですね。見事にその罠にハマってしまいました。結局コレがベストラップとなり4秒を切れず仕舞いです。タイヤのタレも感じたので、そこからは頭を切り替えて、決勝を見据えたラップを刻むテストをしてみました。GPSロガーだとこんなラップです。計測位置がズレているので3秒台が出ていますが、実際は4秒1です。レースにたられば、は無いので引っかからなかったら…というヤボな事はいいっこなしです。







で、肝心の安定ラップですが、4.956、3.893、4.492、4.495…
2021年3月26日/作成者: Y.Fujiwara
Load more
WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com